シミ(しみ) アルガンオイル

アルガンオイルでシミをケアできるって本当?

 

アルガンオイルの画像

 

肌にも髪にも良いと人気の「アルガンオイル」で、シミ対策もできるって本当なんでしょうか?保湿もできるオイルでシミのケアができればうれしいですよね!

 

アルガンオイルでシミ対策ができるのか、効果を調べてみました!

 

アルガンオイルとは?

 

アルガンオイルは植物由来のオイルだけど、どんなオイルなのか知っていますか?アルガンと言うと、ちょっと聞き慣れませんよね。

 

アルガンオイルとは、「アルガンツリー」の種子から採れるオイルのことです。最近は無印良品などでも手に入りますが、アルガンツリーはモロッコの一部にしかない希少な植物なため、他のオイルよりも高価になっています。

 

アルガンオイルは美容に良いのはもちろん、モロッコでは昔から健康に良いとして親しまれてきた万能オイルですよ♪

 

アルガンオイルはアンチエイジング効果抜群!

 

アルガンオイルは植物由来の天然オイルなので、強い美白効果はありません。でも、シミを防ぐにはとても効果的なオイルなんです!

 

特に効果的な成分が「ビタミンE」です。ビタミンEには抗酸化作用があるので、シミだけでなくシワやほうれい線などのエイジングケアにピッタリな成分です!

 

しかもアルガンオイルには、ビタミンEが豊富なオリーブオイルの約3倍ものビタミンEが含まれています!たくさんある美容オイルの中でも、特にアンチエイジング効果が高いオイルですよ♪

 

ターンオーバー改善でシミを薄くする効果も!

 

アルガンオイルはビタミンEだけでなく、「オレイン酸」や「リノール酸」も豊富なオイルです!

 

主成分のオレイン酸は皮脂にも含まれる成分なので、しっかりと馴染んで肌に浸透しやすいのが特徴です。逆にリノール酸は体内では作られないので、外から補ってあげる必要がある成分です。

 

それぞれ違った特徴がありますが、どちらにも「肌を柔らかくする」という効果があります!肌が柔らかくなると古い角質がはがれやすくなるので、シミも消えやすくなるんです!

 

ターンオーバーの遅れもシミの原因のひとつなので、肌がゴワゴワしたりくすんできたという人は、アルガンオイルでターンオーバーを促進しながらシミをケアするのがオススメですよ♪

 

アルガンオイルの効果的な使い方は?

 

アルガンオイルは保湿もできるので、保湿クリームや乳液代わりに使うのが定番の使い方です。化粧水などの後に蓋をするように使っても良いし、乳液に少し混ぜて保湿力をアップさせるのもオススメですよ!

 

また、スペシャルケアとしてオイルパックに使うのもオススメです。少し多めのオイルを肌になじませて、数分間蒸しタオルを乗せてから拭き取ると、しっとりもちもち肌になれますよ♪

 

ただし、アルガンオイルはホホバオイルや椿油などと比べると固めのオイルです。つけすぎるとべた付くことがあるので、保湿に使うときはまずは1、2滴からよく伸ばして馴染ませてみましょう!

 

また、肌馴染みが良く浸透力も高いオイルなので、クレンジングに使うのは厳禁です!落とすはずの化粧がアルガンオイルと一緒に肌に浸透してしまうので、間違えて使わないように気を付けてくださいね!

 

 

 

関連ページ

椿油の美白効果でシミは消える?
ヘアオイルでよく見かける「椿油」には、美白効果があってシミを消すこともできるって本当なんでしょうか?椿油に美白効果があるのか、シミをケアすることができるのか調べてみました!
ステロイドでシミができるのを防ぐには?
ステロイドを塗るとシミができるって言うし、目立つ場所には塗らない方が良いんでしょうか?ステロイドでシミができるのを防ぐ方法があるのか、詳しく調べてみました!
酒粕の美白効果でシミをケアできるって本当?
最近「酒粕」が美容に良いと注目されていますが、美白効果でシミが薄くなるって本当なんでしょうか?酒粕に美白効果があるのか、シミに効果的な使い方などをチェックしてみましょう!